finc(フィンク)肥満遺伝子検査の一部を紹介します♪

 

51歳・女性の肥満に関する遺伝子検査結果です。

 

 

やや太りやすい遺伝子型

 

糖質リスクタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★予防方法

 

『肥満を防ぎ、健康的な体型を維持するためには?』

 

肥満を防ぐには、エネルギーのとりすぎを防ぎ、運動でエネルギー消費を上あげることが
重要です。
食事制限が重視されがですが肥満の予防や解消には運動も大切です。
肥満の要因ともいえる脂肪を燃焼させるときには、多くの酸素を必要とするので、酸素を多く取り入れられる有酸素運動が有効です。
息を切らさず長く続けられるウォーキング、ジョギング、サイクリングなどを行うことが、脂肪の燃焼に効果的です。
食事は栄養バランスがよく、適正なエネルギー量であることが重要です。
エネルギー源になるほか、筋肉を増やすためにも高たんぱく質の食事を心がけるといいでしょう。また、中性脂肪になりやすい糖質を多く含む食品を控えることをお勧めします。

 

 

★体質・疾患について

 

『エネルギー代謝と肥満との関係』

 

肥満に関わる細胞に脂肪細胞があります。脂肪細胞は脂肪の蓄積のほか、エネルギー代謝に重要な細胞で、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2種類が存在します。褐色細胞には筋肉細胞とともにミトコンドリアというエネルギー代謝に重要な器官が多数含まれるため、エネルギーの代謝には重要な役割を果たしています。今回調査した3つの遺伝子はエネルギー代謝に関連しており、これらの遺伝子が異なると、脂肪細胞や筋肉でのエネルギー代謝に変化が起こり、肥満や脂肪の分解に影響を与える可能性があります。

 

★からだへの影響

 

『肥満が引き起こす生活習慣病のリスク』

 

肥満と遺伝子型の傾向との関連を研究した事例が多くあります。食生活や運動などの生活習慣も、肥満の原因となり、高血糖・高血圧・脂質異常を引き起こすリスクを高めることがわかっています。高血糖・高血圧・脂質異常状態が悪化し、糖尿病・高血圧症・脂質異常症・虚血性心疾患・脳血管障害・高尿酸血症などの生活習慣病が引き起こされる可能性があります。

遺伝子検査でわかること

 

肥満遺伝子検査ではあなたの肥満体質傾向がわかります。
検査では、 "やせられない理由" を以下の3つの項目で分析します。

 

@糖質による太りやすさ
A脂肪燃焼のしやすさ
Bたんぱく質の分解力

 

遺伝子検査の分析結果と生活習慣分析の結果をもとに、あなたに合った生活習慣に隠されたリスク・改善点を明らかにします。

 

肥満遺伝子検査結果は検査キットを送付後2〜3週間で結果が届くので、
プログラム卒業後には検査結果の一生ものの結果と、身につけた知識でご自身で正しい生活習慣を継続いただけます。

 

 

遺伝子検査キットだけのご購入もできます!

 

>>遺伝子が教えてくれる健康へのヒント【FiNC遺伝子検査】

 

fincの遺伝子検査が含まれるプラン♪

 

この検査結果を読んでも何から手をつけたらいいかわからない・・・・そんなあなたを徹底サポートしてくれるのが
ダイエット家庭教師FiNCです。

 

PremiumプランとBasicプランには肥満遺伝子検査が含まれています。

 

検査結果3項目目の★からだへの影響が気になるダイエット目的ではない方にもお勧めできます。

 

                                   公式サイトQ&Aより

 

 

今だけ!20,000円引き体組成計ももらえるキャンペーンは9月22日まで!!

 

ダイエット家庭教師FiNCの詳細はこちら